あらためて確認したい意識と知識 住まいの災害意識セルフチェック

記事提供・監修:長嶋修(外部リンク)

現在位置:Yahoo!不動産 > 災害から住まいを守る基礎知識 > 診断1 わが家の耐震性

ここから本文です

テーマ1わが家の耐震性

下記の質問のあてはまるものにチェックして自宅の耐震性を確認してみよう。

1
建築確認年月日は1981年6月1日以降である
check
2
竣工図書(設計図面)やリフォームなどの記録を保管している
check
3
過去に床上・床下浸水、火災、自動車の衝突、大地震などの災害に見舞われたことはない
check
4
床下に木部の腐食やシロアリに食われた穴のような跡はない
check
5
建物を上から見たときL字やT字などではなく、正方形や長方形などのシンプルな形である
check
6
一辺が4m以上の大きな吹き抜けはない
check
7
東西南北どの面にも壁があり、壁の配置のバランスがとれている
check
8
地盤の性質は固い
check
9
土地はがけ地などではなく平面である
check
10
基礎の構造は鉄筋コンクリート造である
check
↓

あなたがチェックした数は 0個です。

チェックの数が0~4
耐震性に問題があります。耐震診断や必要に応じた補強を早急に検討しましょう。
チェックの数が5~8
耐震性が不十分です。まずは専門家に相談し、耐震診断をしてみましょう。
チェックの数が9~10
一定の耐震性はあると推察できます。

耐震面で安心な物件を見る

新築分譲マンション 免震構造の物件
北海道
東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
賃貸住宅 耐震構造の物件
北海道
東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

ほかの診断を見る

災害から住まいを守る基礎知識 自己診断編

記事提供・監修

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所(外部サイト) 長嶋修

不動産デベロッパーで支店長として幅広く不動産売買業務全般を経験後、1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社である、不動産の達人 株式会社さくら事務所を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。また自身の個人事務所(長嶋修事務所)でTV等メディア出演 、講演、出版・執筆活動等でも活躍中。業界・政策提言や社会問題全般にも言及する。

記事提供・監修:不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 長嶋修

不動産の達人 株式会社さくら事務局